認可保育園について

認可保育園とは、一日の生活の中で子どもたちの最善の利益のため、その健康や安全の確保、発達の保障等を担い、「養護」と「教育」の両機能を持っている児童福祉施設です。

入園について

平成27年度4月より「子ども・子育て支援新制度」が始まりました。(詳しくはこちら→「内閣府子ども・子育て支援新制度ホームページ」)
保育園、幼稚園※、認定こども園などを利用する場合、市から「保育の必要性の認定」を受けていただく必要があります。お子さんの年令と保育の必要性により認定区分が決定し、利用できる施設が異なります。

施設の種類と認定区分(利用できる年令・保育の必要性)について

  幼稚園※保育園認定こども園小規模保育
家庭的保育
一時預かり事業
幼稚園部分保育園部分
お子さんの年齢※※ 3~5 0~2 3~5 3~5 0~2 3~5 0~2 0~5
保育が必要とされる事由☆ なし あり☆ あり☆ なし あり☆ あり☆ あり☆ 不要
認定区分 1号 3号 2号 1号 3号 2号 3号 認定不要

※新制度に移行しない幼稚園はこれまでと利用手続き等は変わりません。
※※お子さんが生後57日目から小学校就学前まで利用できます。

☆保育が必要とされる事由
□労働(月64時間以上) □妊娠・出産  □保護者の病気、障がい □親族の介護・看護(月64時間以上)
□災害復旧  □求職活動  □就学・職業訓練(月64時間以上) □虐待やDVのおそれのある時   など

保育園の利用時間について

認可保育園・認定こども園(保育園部分)を利用できる時間は就労確認書等により市が「保育標準時間(最長11時間)」または「保育短時間(最長8時間)」の決定をします。利用可能な時間帯は施設によって異なります。また保育短時間及び保育標準時間外は延長保育となります。

保育標準時間(最大11時間) 労働(父母共に月120時間以上)、出産前後 など
保育短時間(最大8時間) 労働(父母共に月64時間以上でいずれかが120時間未満)、求職活動 など

申し込みについて

認可保育園または認定こども園(保育所部分)へのお申し込みの詳細、入園については、お住まいの区の保健センター(健康・子ども課)へお問い合わせください。
その他のお問い合わせ、子ども・子育て支援新制度に関する札幌市ホームページはこちら「子育て」

入園の決定

入園の決定はお申込み先の区で行います。利用希望先の認可保育園で決定することはできません。
詳しくは担当窓口にお問い合わせください。

保育料について

お子さんの年令、世帯所得税額、市民税額などにより決まります。
札幌市が定める保育料についてはこちらをご覧ください。